最近読んだ本:100円のコーラを1000円で売る方法 コミック版



体調不良で外出する機会が減って本を読むようになりました。最近読んだ本のご紹介です。

今回紹介する本は↓の「100円のコーラを1000円で売る方法 コミック版」。

コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法
中経出版
永井 孝尚

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



内容はマーケティングに関する方法論をマンガでわかりやすくまとめたものです。
原作は小説版で、作者は日本IBMで働いている方だそうです。

私は数年前まで製品のマーケティングに携わっていたのですが(当時は日本IBM本社がある箱崎の近所に住んでました)、恥ずかしながらこの本に載っている知識もないまま、この本の主人公のように「お客様の要望を100%聞いて、価格で他社と差をつければ勝てる」という認識でモノを売っていました。
で、そういう売り方だとダメだよ、というのがわかりやすくまとめられています。

印象に残ったのは事業定義に関する話ですね。
たとえばITでメシを食っている企業が、事業を「ITで社会発展に寄与する」と定義付けたりすると、それはプロダクト志向でよろしくなかったりするわけです(将来、ITが廃れたりすると柔軟に対応できず企業存続の危機)。
じゃあ自分の勤務先の事業はどのように定義すべきで、その定義に沿ってどのような製品戦略をたてていくべきか…とか考えるのが好きな人には楽しめる書籍だと思います。
ちなみに富士フイルムがフイルムメーカーから化粧品メーカーに華麗なる転身を遂げることができたのはこの事業定義が寄与してそうな気がします。

あとは、「上司から与えられたミッションを日々漫然とこなしていればいいや」という思考の持ち主にはガツンと来る内容ですよ。

原作の小説版も併せてご紹介します。

100円のコーラを1000円で売る方法
中経出版
永井 孝尚

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 100円のコーラを1000円で売る方法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



100円のコーラを1000円で売る方法2
中経出版
永井 孝尚

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 100円のコーラを1000円で売る方法2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



100円のコーラを1000円で売る方法 3
中経出版
永井 孝尚

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 100円のコーラを1000円で売る方法 3 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック